未分類

サンドバッグボクシングをする場所

サウンドバックボクシング
出典{ジム・スポーツクラブ・フィットネスクラブなら【メガロス】}

サンドバッグボクシングをする場所として、大きくはスポーツジムと自宅があります。それぞれについてメリット、デメリットを見てみましょう。

まず、スポーツジムで行う場合のメリットとしては、道具がそろっている、専門家の指導を受けられるので正確に行える、他にもやっている人がいるのでモチベーションがアップ・持続しやすい、音(周囲への騒音)を気にしなくてよい、といったことが挙げられます。デメリットは、スポーツジムまで出かけなければならないこと、入会金や月会費が必要なことです。

自宅で行う場合のメリットは、やりたいときに気楽にすぐできること、入会金や月会費がかからないことです。デメリットとしては、道具を買いそろえる必要がある、自己流になってしまう、モチベーションを保ちにくい、集合住宅の場合騒音に注意が必要といったことが挙げられます。

いかがでしょうか。比べてみて自分にあったほうで行えばよいですが、これらメリットデメリットの中で重要なことについて少し述べておきます。サンドバッグボクシングは、通常学校で習うことでもないので、最初はやり方がわからないという人がほとんどなはずです。そして、サンドバッグボクシングは、全身を使って力いっぱい叩いたり蹴ったりしますので、間違った方法で行うと、体を痛めることにもつながります。そうならないためには、専門家の指導を受けることが必要です。家でもやりたい場合でも、まずはスポーツジムでアドバイスを受けながらやってみてある程度マスターしてから自宅でも平行して行うことをお勧めをします。

 

未分類

サンドバッグボクシングのやり方

サンドバッグボクシングに必要な道具は、サンドバッグとグローブです。本当のボクシングの練習のためでなければ、靴はフィットネスシューズなどで大丈夫です。サンドバッグボクシングの具体的な動きは、叩く、蹴るの二つです。

サンドバックまずは、叩く方法についてです。やってみたことのある人はわかると思いますが、サンドバッグは、重さにもよりますが、ちょっと手先で叩いたくらいではびくともしません。下半身の筋肉や体幹がしっかりしていないと強いパンチは出せません。まだ筋肉がついていない時点でも、下半身や体幹を意識して体を安定させて叩きます。パンチには、ショートパンチとロングパンチ、上下左右とあります。ただし、ボクシングの上達のための練習としてサンドバッグを使うのではなく、あくまでもサンドバッグボクシング自体が目的である場合は、必ずしもすべての打ち方をマスターする必要はありません。ただし、自己流で行うと、逆に体を痛めてしまう場合もあるため注意が必要です。

蹴る方法についてです。サンドバッグの中央、上、下を蹴ります。サンドバッグに当てるのは足先ではなくスネです。当てる場所によっては非常に痛いですし、足を痛めることがあるため、専門家の指導を受けることが好ましいです。また、蹴った後バランスを崩さないようトレーニングをしてください。

このサイトを参考にしてサンドバッグボクシングを楽しんでいただければ幸いです。つづいてはサンドバッグボクシングを行う場所について紹介していきます。

未分類

サンドバッグボクシングの効果

サンドバッグボクシングの効果は、3つあります。全身運動効果、体の引き締め効果、ストレス解消効果です。

引き締まった身体サンドバッグを力いっぱい叩いたり蹴ったりする際には、手先足先だけではなく、胸、背中、腹筋、太ももなど、全身の筋肉を使います。ですので、体中の筋肉を鍛えることができるのです。また、叩き続けることにより、有酸素運動として脂肪燃焼効果も期待できます。そのため、男性だけでなく、ダイエットしたい女性にも人気が高まっています。これがひとつめの全身運動効果です

また、その相乗効果として、普段使わない筋肉が鍛えられるため、正しく行えば体を引き締める効果も期待できます。パンチの種類、キックも取り入れるなどにより、特に引き締めたい部分を集中して引き締めることも可能です。

また、サンドバッグボクシングは体だけでなく心にもよい効果があります。仕事や人間関係で、やり場のないモヤモヤ感が残ってしまうことがあるでしょう。そんな時に、サンドバッグを叩くことでストレス解消し、心身ともにすっきりリフレッシュできるのもサンドバッグボクシングの効果のひとつです

これら3つの効果に興味があれば、ぜひサンドバッグボクシングを試してみてはいかがでしょう。つづいてはサンドバッグボクシングのやり方について説明します。

未分類

スポーツジムに行こう!

デスクワーク近年、健康への関心は高まる一方です。昔は日常の労働の中で、農作業など体を動かすことが当たり前でしたが、現代では、車で会社に行き、一日中パソコンに向かってデスクワーク、また車で帰るといった生活をしている人もたくさんいます。生活の便利さ快適さは高まりましたが、飽食の時代に入ったこともあり、メタボリックシンドロームが深刻な問題になっています。また、体だけでなく、ストレス、うつなど心に問題を抱える人も増えています。そんな中で、体を動かして心身の健康を取り戻し、維持しようという動きが社会全体で高まっているのです。

運動をする方法は、場所も内容も多種多様です。このサイトでは、運動する場所の選択肢のひとつであるスポーツジムを取り上げ、スポーツジムでできる運動のなかでも、最近人気が高まっているサンドバッグボクシングについて紹介します。

サンドバッグボクシングという名前を聞いたことがあるでしょうか。サンドバッグは、言うまでもなくボクシングの練習のために使う道具です。かつてはボクシングをする人だけが使っていたサンドバッグですが、筋力をつけるため、またダイエットやストレス解消にも効果があるということで、今は多くのスポーツジムに設置されています。サンドバッグを取り入れたエアロビクスのプログラムを提供しているジムもあり、女性にも人気が高まっています。